アラフォーママのhappyブログ

海外ドラマ、保湿コスメ、スイーツ、好きな物を紹介

シルヴァスタイン作の絵本「ぼくを探しに」

 

「ぼくを探しに」

 

有名なこの作品は、シルヴァスタイン作の絵本です。


30年前に絵本の専門店で見つけたこの絵本は、絵も単純で、言葉も少ない。


でも深く深く、色々な事を考えさせられます。小さな子供に理解出来るのか疑問に思う事もありますが、


老若男女問わず読んでもらいたい本です。


好きな理由は、切なく、愛を感じられることです。


大きく言えば、自分の今までの人生とこれからの人生を考えさせられます。


主人公の、欠けた円(パックマンの様な姿)がころがりながら、自分の欠けた部分のカケラを探す旅をするお話です。


その旅の先々で色々なカケラに出会い自分の欠けた部分にはめて旅を続け、ぴったりはまらないことに苦悩して、最後には・・・。

ラストは是非読んでもらいたいです。


今までにこの絵本を色々な人に勧めて来ましたがみんなが同じ様に感動し、考えさせられ、自分を見つめ直すきっかけになったと言っていました。


私もこの絵本に出会えた事に感謝しています。
30年たった今でも読み返してしまいます。


その度に以前読んだ時とは違う感じ方を経験しています。

これは出会いを求め苦悩する、愛の旅を描いた絵本だと思います。

絵も可愛くシンプルで読みやすいのも好きです。
絵本なので当たり前ですかね。

 

 読む人によっても、読む時期によっても捉え方も変わって、これは絶対に1度は読むべき本だと思います。